眠りが浅いとストレスが爆発!?しっかり安眠できる対策とは!?

 

どのような人でも、毎日の生活である程度のストレスを受けているかと思います。

 

しかし、ストレスは睡眠の一番大きな敵です。

 

眠りが浅いとストレスが溜まる経験を多くの方が経験されているのではないでしょうか?

 

仕事先の人間関係、仕事の量や内容、収入や家族のことなどで悩んでしまったり、イラッとしたり。

 

このような、大小たくさんのメンタルストレスは交感神経を活発化し、副交感神経を抑制することで睡眠を妨害します。

 

なぜ眠れないのか?

 

その原因となるストレスに自分でも気付いていない可能性があり、眠りに就けなくなった前後の出来事を思い出すことでその原因が発見されることもあります。

 

 

深い睡眠が不足しているとストレスが増加していく

 

 

「睡眠はストレスを解消する大きな働きを担っています」

 

睡眠時間が確保できないと脳の扁桃(へんとう)体が激しくなって、ちょっとしたことで動揺や不安に思うようになる。

 

鬱症状を訴える人の睡眠の質を改善させるだけで、抗鬱薬がほとんど必要なくなることだってあります。

 

睡眠をある程度の時間取っていても、深い眠りにつけないとストレスは減りにくい。

 

 

眠りが浅くてストレスが溜まらない対策は?

 

起床後1時間以内に朝日を浴びる

深い睡眠を取るために劇的な効果を上げるのが、起床後1時間以内に朝日を浴びること。

 

窓辺やベランダで数分過ごすだけで、睡眠をつかさどるホルモンのメラトニンが減って脳が目覚め、夜にはメラトニンが増えてぐっすりと眠れるサイクルを生む。

 

生活習慣の改善

夕方以降は糖分をブレーキをきかせることで寝静まった後の血糖値が安定し、睡眠の質が緩和される可能性が考えられる。

 

生活習慣を改善し、しっかり熟睡出来るカラダになってストレスを取り去ろう。

 

カラダのこわばりを解いて「気」のめぐりを促し、頭とココロの興奮を鎮めて冷ますことで、自然と良い眠りが得られるはずです。

 

「また今日の夜もなかなか寝れないかも・・」と気になって眠るためのアルコールを飲むのは実は逆の効果。むしろ眠りの質が悪くなる引き金になります。

 

寝る前のアルコールやカフェインは控えましょう。

 

入浴時間の調整

お湯につかると目が醒めてしまうという人も多いので、布団に入る1時間前には入浴を済ませるのが望ましいです。

 

入浴のポイントも一工夫してみましょう。快適と感じるアロマオイルなどを使うのもいいと思いますね。38〜40度くらいのぬるめのお湯でゆっくり半身浴。

 

すると副交感神経が優位になってリラックス。そのあと、軽いストレッチ体操をして緊張状態のカラダをほぐします。

 

室内環境の調整

頭の疲れを取るためにキャンドルの光を見ることもおすすめ。

 

ゆらゆらと温かい光が、ゆるゆるとココロまで緩めてくれます。

 

照明や室温などの室内環境もちょっと工夫して自分なりの癒し空間にするのも快眠への近道。

 

 

精神的なストレスを解消するには!?

 

対策 ストレスにより眠りが浅くなっている場合、効果的な対策は以下の4つです。

  • ストレスを発散させる
  • 睡眠環境を整える
  • 睡眠指導に使われる医療法を行う
  • ストレス自体を解消する

 

まずは、ストレス自体の解消を目的とした取り組みをご紹介します。ストレスをきちんと発散し、あなたの身体にストレスが溜まらないことがベストです。

 

趣味でストレスを解消する好きなことに取り組んでいるときは周りのことが気にならず、とても集中できますよね。

 

趣味に集中したあとは気分がスッキリし、リラックスすることができます。

 

また、一時的にストレスの原因を忘れ去ることができます。

 

合間を見てできる趣味は、ストレスを感じたときにスグに行え、気持ちのリセットに効果的です。

 

眠りが浅い時はスポーツが1番!

スポーツでストレスを発散するストレス解消という見方では、あなたが楽だと思うより少し難易度を高くしてたスポーツをオススメします。

 

これなら終わらせたときのスッキリ感が高く、ストレス発散効果が高いからだといえます。

 

ストレス解消にとても効果的だと感じています。 しかも、ストレス耐性も高まりプレッシャーを受けてもこれまでよりあせることなくいられます。

 

身体面だけに限らず精神衛生にも非常によいので、運動でのストレス発散を心からオススメします。

 

意外に知られていない足湯が良い

また、足湯もリラックス効果が期待できると実験により証明されているのでおすすめです。

 

特に冬の季節にイライラする気持ちを痛感する方におすすめです。

 

リラックス効果には音楽は必須!

音楽でリラックス音楽療法は、認知症、心身症、神経症など多くの疾患によい影響を及ぼすと言われ、世界的に研究が行われています。

 

数多くの臨床実験がされ、効果があると評価されているものもあります。

 

深呼吸をするストレスでなかなか寝れないとき、ストレスの原因のことばっかり考えてしまいます。

 

布団の中でイライラをぶり返していると脳がハイテンションになり、次から次へと眠気が遠ざかってしまうことになります。

 

こういったときにオススメの方法が、深呼吸をしながら回数を数えることが重要です。

 

余計なことを考えずに深呼吸ができ、とてもリラックスできます。布団の中で数回やってみてください。とてもリラックスします。

 

このような対策を実施し少しづつでも安眠をとり戻せる日々が私には訪れました。

 

同じように睡眠で悩みを抱えている方のお役に立てれば幸いです。

 

TOP⇒睡眠に悩む方の強い味方マインドガードの口コミ

TOPへ