婚活はやっぱり結婚相談所?私は前に進んでいます

私は今、婚活真っ最中です。

年齢的にも、周りは結婚をしていき、結婚後はどんどんと出産をしていっています。

このまま1人というのは嫌だし、自分の会社でお局様が居るのですが、結婚もせず自分の趣味だけにお金を使い放題で、自分の事しか考えていない身勝手な行動を取っているのを見ると、結婚せずに居ると自分もこのように身勝手な行動を取ってしまうのではないかと思い心配になって、ちゃんと家庭を築きたいと思うようになりました。

そこで、前々から婚活パーティには参加した事があったのですが、やはり、数分しゃべった人とお付き合いをするかどうかを決める婚活パーティは自分に合っていないと思って、思い切って、結婚相談所ノッツェ 口コミ良し!に登録をしてみました。

結婚相談所だと、登録の際に独身証明書が必要ですし、身元が分かるので安心できます。

結婚相談所は、入会の際に少し面倒な手続きがある分、そこに登録をしている人は、結婚に対して真剣に思っているだろうと思えるからいいなと思いました。

ちょうど、去年の11月に入会して、最初はうまく行かず悩み続けました。

自分の見た目がそんなにも悪いのかと考えたり、プロフィールを見直して、魅力的になるように変えてみたり、検索の条件を変えてみたり、とにかく出会いの場を広げられるようにと考えました。

そして、結婚相談所に入会をして、半年ほどした時に、1人の人と連絡を取り始めました。

今も、その人と毎週ご飯を食べに行く仲になっています。

2016-07-30_124943

その人は、結婚相談所を通じてじゃないと出会えない人でしたし、とても誠実な人で毎回ご飯を行く時には行くお店を考えてくれたり、私の話も良く聞いてくれます。

婚活を始めるまでは、うじうじと考え込む事があったのですが、今は、婚活として結婚相談所に登録をして、前に進んでみて良かったなと思っています。

まだ、結婚までは話が進めていませんが、これからも長く一緒に居られる関係になれるように努力したいなと思っています。

オトコ探しはストライクゾーンを広げておくとgood!

2016-07-30_124506

飲み会に行ってもまず可愛い・美人な子ばかりがちやほやされて楽しめない事も多いですが、それはそれで割り切って、明らかに華のあるモテる男性は競争率が高いのでパスしましょう。

少しタイプじゃないくらいのサイド的な男性の方が(実は光る原石の場合が多い)気を遣わず話せるし一応メル友になって「この人ないわ」って思うまではフランクな関係をキープしておきましょう。

ごくまれにモテる系の男性からアプローチしてくる事もありますが、「大多数の中の1人」と最初から割り切って連絡先を交換しておけば丁度いいくらいです。

自分のストライクゾーンを広げておく事はとても大切です。

結婚していない独身の同僚の男女に共通しているのが、ストライクゾーンが恐ろしく狭い事です。

こういうタイプじゃないといけないって自分を縛っているようにも見えます。

ある程度の柔軟さが大切です。

タイプじゃなくても付き合ってみたら凄くあう事結構多いです。

タイプだと思っていてもいざ付き合ったら合わない事も逆に多いです。

理想と実際に合うかどうか違います。

体の相性もありますしね。

モテる人ばかりを追いかけるのではなく、そこから外れて自分と気が合いそうな似たようなレベルの男性をターゲットにした方が彼氏が出来る確率もあがります。

自分のタイプではないと思っていても実は合っている人もいますので、もしくはゲイ 出会える友達としてキープする事も大切です。

婚活で大切なのは、なによりもタイミングです!

私がまだ婚活をしていなかった頃には、結婚したほうがいいと言って、いろいろと面倒を見てくれる人がいたものですが、年齢が上がってきたら、だんだんとそういう面倒を見る人もいなくなって、婚活はとても厳しいものになっています。

結婚相談所を使ってみようかと思って、資料を請求したりしましたが、入会費と月会費が高くて、とても手が出るものではありませんでしたし、お金を出して知り合った関係って一体どうなんだろう?というような思いもありました。

2016-07-30_123555

私は大学からニューヨークに住んでいて、長年ニューヨークに住んでいましたから、どうしても欧米風の価値観があるのです。結婚したら家庭に入って夫の面倒を見る、と言う日本式の文化にどうしても慣れないのでした。それで、海外で婚活を始めることにしました。

ニューヨークに年に2回ほど行くので、その時に一緒に食事をしてくれる人を募集しました。インターネットを利用して募集したのですが、写真をアップしたら、ものすごい反応があって、毎日のようにデートをする日々が続きました。それでも、なかなか気があう人とはめぐり合うことができず、今は一人の人とメールで連絡を取っているのにとどまっています。

若い頃には結婚願望が全くなかったのですが、年を取ってくると、一人は寂しいな、と感じたり、老後の事を考えたりすると、やっぱり結婚した方がいいのかな、と思うようになりました。

しかし、タイミング的にちょっと遅かったのか、相手がなかなか見つかりません。それに、欧米の文化に17年間もいたので、私の価値観はちょっと日本人から離れてしまっているようなのです。

それで婚活を続けているのですが、やっぱり外国人の方が合うのだろうな、と思っている最中です。

話術で異性を惹きつける!!婚活のコミュニケーション話法

2016-07-30_123309

結婚したいなと感じた時、「自分は、もうこんな年齢か」「難しいかもしれない」と肩を落とす男性、女性がいます。

ですが、この世の中、同じような境遇の男性も女性も増え、そんなにマイナス思考にならなくても良い時代となりました。

でも、実際、婚活となると、自分に自信が無いし、どうアピールしたらよいかわからないと言う声を聞きます。

もう何年恋をしてないんだ!?恋ってなんだ!?と、異性と関わることにブランクがありすぎると後退してしまう人もいます。

ここで朗報です。

簡単に異性を惹きつける言葉の魔法をお伝えしましょう。

まずは、自分に自信を!!

会話をする時に、最も重要なことは、自分に自信を持つことです。

「え!?」

「自信なんてないよ、こんなに恋もしてない、話すことも下手だし」と言う声が聞こえてきます。

そんな事無いはずです!!

この年齢になって、社会的にも、人間的にもたくさんの失敗と成功を繰り返し、人として大きく成長していることと思います。

人に誇れる経験はありませんか?

自分にしかできない、自信を持って言える事があるでしょう。

自分の容姿や性格、何をとってもとり得が無い!!と思っているかもしれません。

それは、大きな勘違いです。

自分と言う人間を卑下しすぎなのです。

冷静に、もう一度一人の人として自分を振り返ってみてください。

どのような経験をしてきましたか?

どのような仕事をして、どのような家族と過ごしてきましたか?

仕事を頑張ってある程度の地位になった人もいるでしょう、家族を大切にしていつも感謝の言葉を貰っている人もいるでしょう。

称賛を受けるとまでは行かなくても、誰かに必要とされ、誰かに愛される存在ではありませんか?

誰かと対話する時には、自分の自信が少しは必要です。

自分をアピールするには、自分を知っていなければなりません。

もう一度、自分を言う人間を振り返り、「自信」を付けてください。

「カギ」から始まる甘えん坊幸せ体験談

2016-07-17_135137

私は現在24歳の会社員です。

会社にはオジサマしかいなく、全く出会いがありません。

ですがカッコイイ素敵な自慢の年上彼氏くんがいます。

現在交際2年目の幸せ絶頂期です!

さて、私はどうやって彼氏くんを作ることができたのでしょうか!

ここは包み隠さず体験談をまるっとご解説いたしましょう!

もともと彼氏くんとは副業仲間で、副業の定例会議が終わった後、私の部屋へ遊びに来ては夜な夜なテレビゲームをして盛り上がったり、
スイーツの話で盛り上がったりする趣味仲間で、恋愛の話も普通にするし、下世話な話も普通にするし(笑)、友達と言うより「お兄ちゃんと弟みたいな妹」といった
関係でした。

私自身、そんなに女々しくふるまうこともなく、ただお菓子と甘いお茶(ここは2人の趣味)を出したり、彼が喫煙者なのでマメに灰皿をきれいにするくらいで、
あとは身なりは普通で、化粧もまぁまぁファンデはたいて眉毛書くかなくらいの程度でした。

でもそんな時、「最近彼氏しばらくいないなー・・・」「ちょっと女子力あげたいなぁー・・・」というのが高まり、美容に力を入れることから始めました。

すると彼が初めに気づいてくれて、「なんか最近可愛くなった?」とほめてくれるのが嬉しくなったと言うか、それにドキッとしたと言うか、
それで恋に落ちてしまったのです。

それからはもっとネットから情報を集めたりして自分磨きを頑張りました。

周りの女友達からも自分のコンプレックスだったものも克服し、マイナスからゼロへ、ゼロからプラスな自分へとモチベーションがどんどん上がっていったのです。

そしてここからは彼への勝負を仕掛ける時が来ました(笑)。

まずは「脈ありかなしか」の簡単な心理テストを行うことにしたのです。

ほんとに簡単です。

彼がいつものようにうちへ来た時に、ふと「ねーねー、カギみせて!」と言うだけです。

これで「いいよ」と言ってひょいっと渡してくれる男の子は「脈あり」だそうです。

逆に「え、なに、なんで!?」と疑ってくる男の子は「脈なし」なんだそうです。

私の場合、結果は「ほい」と言いながらぽいと出してくれました!

これは嬉しい!

次のステップは、もうベッドと言う名のリングへ上がっちゃいます← 

さんざんゲームなどをして、「はー!目、疲れたー!」と言ってベッドにちょこんと横たわり、何気に彼が横たわれるスペースを作っておきます(ここポイントです)。

そして「なんかねー、人って15分程度の睡眠でスッキリできるんだってー!」とかへ理屈っぽいことをいいながら眠たそうにしていると彼は「じゃあ俺も寝るー!」と、
空けておいた駐車スペース(笑)に横たわります。

そして背中をこちら側に向けているなら背中を指でつつーっとなぞる。顔をこちら側に向けているなら自信をちょっと下へずり下がる。をやってみてください。

「絶対彼にヘンなスイッチ入ります」← 私の場合、ここでぎゅーされました。

そしておねだり顔で「ねぇ・・・キス、して?」とささやくように懇願すれば彼は暴走します。

ちょっと荒いやり方かもしれませんが、私はこうして彼氏くんを作りました。

全部真似してできるかはわかりませんが、参考になればさいわいです。